葬儀を行う際は、「葬儀社」と「斎場・火葬場」を選ばなければなりません。

葬儀に出る際の服装のマナー

葬儀社と斎場、どちらを先に選ぶべきか

葬儀を行う際は、「葬儀社」と「斎場・火葬場」を選ばなければなりません。しかし急な出来事のため、どちらを先に選んだほうがいいか迷ったり、それらの仕組みがよく分からないといった場合もあるでしょう。まず「葬儀社」と「斎場」の関係に関しては、葬儀社が斎場を自社で所有している場合と、所有していない場合があります。所有している場合は自社所有の斎場を利用できますが、所有していない場合は公営や民間が運営している貸し斎場を利用する必要があります。ですので、貸し斎場を先に選んでいる場合は、その斎場に精通した葬儀社を探したほうが安心できると言えるでしょう。

次に「斎場」と「火葬場」の関係に関しては、斎場に火葬場が併設されている場合と、併設されていない場合があります。特に公営の施設では、斎場に火葬場が併設されている場合が多く、同じ施設内で葬儀と火葬ができるというメリットがあると言えます。ただし東京都に関しては、公営の斎場に火葬場が併設されていない場合や、二つ以上の区で共同に運営されている斎場があるなど特殊性があります。

「葬儀社」と「斎場」のどちらを先に選んだらいいかということに関しては、特に斎場にこだわらない場合は葬儀社を先に選んだほうが無難だと言えるでしょう。斎場は、日程の調整などによって場所を変更せざるを得ないケースもあり得るため、地域の事情をよく把握している葬儀社であれば、できるだけ混乱を避けるような対応が期待できます。

Copyright (C)2017葬儀に出る際の服装のマナー.All rights reserved.