葬儀に出席する際、喪服を着ていきますが、夏場と冬場では服装も変わってきます。

葬儀に出る際の服装のマナー

夏場と冬場の葬儀の際の服装のマナー

葬儀に出席する際、喪服を着ていきますが、夏場と冬場では服装も変わってきます。まず、夏場に葬儀に出席する場合、喪服を着て行きすが、この場合スーツやアンサンブルの場合は上着はしっかり着用しましょう。夏場で暑いからといっても、礼装は上着着用になります。また、男性がシャツを着る場合、シャツは長袖を着用します。また、女性の場合夏場でもスカートを短くするのはマナー違反です。出来るだけ肌の露出の少ない服装を心掛けるようにしましょう。スカートの長さは基本的に膝下です。また靴はサンダルなどはNGです。

また、服装ですが中にはオールシーズン着ることが出来るものもあります。その他男性であればネクタイは黒色を着用します。また、冬場コートを着て行く場合がありますが、この場合とくに指定はありませんが常識の範囲内のものを着用します。あまり派手なものは避け、また毛皮などは避けるようにしましょう。また、コートは会場まで持って行かず、受付に預けるようにします。その他、ハンカチや鞄など必要な場合も派手なものは避けるようにしましょう。ハンカチの場合は白や黒、バックも黒のものを持つようにすると良いでしょう。しっかりとマナーを守り、常識のある行動を取りましょう。

Copyright (C)2017葬儀に出る際の服装のマナー.All rights reserved.