遺族の方が葬儀に出席をする場合、服装にマナーがあります。

葬儀に出る際の服装のマナー

遺族が葬儀に出席をする場合の服装

遺族の方が葬儀に出席をする場合、服装にマナーがあります。それは一体どの様なものなのでしょうか。遺族の方が葬儀に出席をする場合は、正式喪服を着用します。正式喪服とは和服や男性であればモーニング、女性であればワンピースやアンサンブルになります。最近では正式喪服を着用せず、ブラックスーツなど着用する略式喪服を着るケースも増えてきています。しかし基本的には遺族は参列者よりも格式が高い服装をする必要がある為、正式喪服を着用することになります。

男性の場合フォーマルスーツを着用する際はシャツは白色を選びましょう。ネクタイは黒で、靴下も黒やグレーといった地味な色合いのものを選びます。女性もストッキングやバックは黒を選び、小物関係も地味目の色合いを選びましょう。基本的に持ち物なども全て地味な色合いのものを選び、その場にふさわしい服装をしていきます。女性の場合はスカートは膝よりも下で、夏場であってもあまり肌を露出するような格好をするのは辞めましょう。また、冬場のコートは特に決まりはありませんがこの場合もあまり派手なものは避けましょう。社会人として葬儀の服装はとても重要であり、マナー違反は禁物です。是非しっかり覚えましょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2017葬儀に出る際の服装のマナー.All rights reserved.